女性のいる宴会へのピンクコンパニオン派遣 - スーパーコンパニオンの派遣ならピンクコンパニオン東京にお任せ!

スーパーコンパニオンの派遣ならピンクコンパニオン東京にお任せ!

  • 背景1
  • 背景3
  • 背景4
  • 背景5
  • 背景6

女性のいる宴会へのピンクコンパニオン派遣

ピンクコンパニオン宴会は男の世界。

家庭や彼女のことは忘れ、男だけで羽目をはずしてドンチャン騒ぎ

 

・・・・というのが通常ですが

 

時々、「宴会のメンバーに女性がいるのですが大丈夫ですか」という問い合わせをいただきます。

 

理由は2パターンあります。

 

①女性社員が会社の社員旅行や忘年会に参加する

 

会社の催しにピンクコンパニオンを呼ぶ場合、男性だけの職場(もしくは、女性が参加しない)のことが多いのですが、女性が同席を望む場合があります。

大抵、幹事さんは「おばちゃんだから気にしないでいいです」とおっしゃいますが、若い女性社員が興味本位で積極的に同席を希望する場合もあるようです

 

②女体盛りやストリップなど、宴会よりもショー的な要素が強い派遣の場合

 

女体盛りを申し込まれる外国のお客様には、宴会よりも鑑賞と写真撮影が目的のお客様も多くいらっしゃいます。実際今までにも、中国をはじめ、ロシアやヨーロッパからのお客様が、女性を含むグループやご夫婦で利用されました。

 

問題になるのは①のパターンです。

 

仕事とはいえ、ピンクコンパニオンは女の子。同性の前で裸になったり、男性にお色気サービスをしているところを見られるのは、気にならないはずがありません。相手がコンパニオンと同じように若い女性だったらなおのことです。

 

ただ、東京ピンクコンパニオンの専属コンパニオンは割り切っているというか、割と平気な子が多いです。メンバーを決めるときに一応「女性のお客様、大丈夫?」と確認するのですが、断る子はまずいません。

 

地方など、コンパニオン会社によっては「女性のお客様のいる宴席には入れません」と明言しているところもありますので、ご予約の際は必ずご確認くださいね

 

 

© 2016 ピンクコンパニオン東京