東京コンパニオン

こ・こ・ろ・づ・け

こころづけ=チップのこと

当社専属コンパニオンは、基本的にチップ不要

チップとか寸志とか心づけって、「気持ち」の問題なのに、なぜここであえて「チップ不要」を強調するか

それは、チップをもらわなければ、○○しない

というコンパニオン派遣会社が多く存在するから

一番多いのは、「基本料金はノーマルコンパニオン。裸にするにはチップが必要です」

2時間の本席で20000円未満の派遣会社は、まずそうだと思ってください。

だって、ピンクコンパニオンの日当って高いんです。

うら若き女の子が裸になるのですから、当然です。

ピンクコンパニオンは裸になるのが仕事なので、当社はあえて「チップ不要」をうたっています。

まぁ 女の子は、基本の日当が安くても、自分の力でいくらでもお客さまからチップをもらった方が得だと思えば、うちの仕事を断ってそういうシステムの会社の仕事を選びます。

トータルで見て、お客様はずっと高額な宴会になります。

 

さて、そんなわけで、当社のコンパニオンはチップなしで裸になりますし、ピンクコンパニオンとしてのサービスをいたしますが

お客様の心づけとしてのチップはお断りしていません。

チップは一切うけとってはいけない、と決めた時期もありましたが、やはりお客様の御心なので強固にお断りするのも、失礼ということになりました。

お客様がすすめてくださるお酒や料理も、同様です。お酒は女の子も少しは飲んだほうが打ち解けられ、宴会が盛り上がるもの。料理は、もちろんバクバク食べるのは禁止ですが、お客様の好意なら、多少はOKとしたのです

さて、その問題のチップ。

お客様が、気持ちのいいサービスをしてくれたコンパニオンにチップを下さったり、よりサービスを期待してチップを渡すのは、よくあること。

ところが先日、ある宴会の帰り道、女の子が、やけに「細かいお金あるけど、両替しない?」と聞いてきます。

事情をきいたら、なんとそのお客さんたち、チップを全部500円玉でくださったのだそうです。

「500円玉の束、二本持ってた~」と、コンパニオンたち。

500円とはいえ2本なら50000円、3人の女の子のチップとしては決して少ない額ではありません。いいお客さんだったとも、言っていました。

ただまぁ、通常は1000円単位でチップをもらっている彼女たち。ちょっとプライドが傷ついてしまったようでした

 

 

 

© 2016 ピンクコンパニオン東京