東京コンパニオン

まだまだ続く忘年会・改めてのお願い

さて、12月も中旬に入り

お仕事に、宴会に、毎日お忙しい日々をお送りのことと思います。

コンパニオンのスケジュールもかなりたてこんでまいりましたが、平日や昼間、深夜など、まだまだ手配可能な日程もありますので、あきらめないでじゃんじゃんお問い合わせくださいね。

キャンセルが出ている場合もあります。実際昨日も、12月の土曜ということで早々にコンパニオンは完売だったのですが、キャンセルが発生。偶然前日の金曜にダメ元でお問い合わせくださったお客様の宴会に、当社No.1のコンパニオンが登場!なんてこともあったのです。なんてラッキーな方なんでしょう。

ここであらためてのお願いですが

女性のお客様がいらっしゃる宴席には、ピンクコンパニオンは基本的に入りません。ノーマルコンパニオンのいる席にピンクコンパニオンを何名か入れたい、というリクエストもお断りしております。洋服を着た同性の前で裸になったり男性とエッチなゲームをするということは、仕事とはいえコンパニオンのプライドをひどく傷つけるからです。

女体盛りの見物をしたいという外国の方のグループや、添乗員さんは例外です(もっとも女性添乗員が同席したことはありませんが)。また、社員旅行で年配の女性社員がどうしても同席したいと言っている、というご相談を受け、コンパニオンに事情を説明して、納得したコンパニオンを宴席にいれたことはあります。

先日、派遣で依頼された会場に女の子がいったところ、コンパニオンの数以上のキャバ嬢がいた、という出来事がありました。去年も使ってくださったお客様でした。

宴会のメンバーに女性がいらっしゃる場合は、ご予約のときにあらかじめご相談ください。事情をおききして、お断りするなり、コンパニオンの了解を得て派遣するなりいたします。

今年も残りわずか

楽しい時間を過ごしていただくために、より一層がんばります

なにとぞよろしくお願いいたします

 

 

 

 

© 2016 ピンクコンパニオン東京